「Mabel」はタティングレース・ジュエリーを個人でデザイン・制作しているブランドです。
コンセプトは「いつまでも可憐さを忘れない人のためのレース」
主にシルクの手縫糸を使用し、ビーズ、淡水パール、天然石等と組み合わせ、繊細な作品を一目一目丁寧に制作しております。

シルクの手縫糸というとても細い糸を使用することにより、単なる「レースのアクセサリー」ではなく「タティングレース・ジュエリー」といえる質の高さ、繊細さ、そして身に着けた人へ感動を与えることを目指しております。

タティングレースとは、舟形の糸巻のようなシャトルを使用し、一目一目を結ぶように丁寧に制作していくレース技法の一つです。
16世紀のヨーロッパで基礎的な技法が出来たとされ、18、19世紀には上流階級の教養とされました。

オーダーやブライダルジュエリー制作も承ります。

既存の商品の色やサイズを変更するセミオーダーや、お客様のご希望のイメージからデザイン・制作を行うオーダーも承ります。         
まずはcontactからご連絡ください。




デザイン・制作者:Nozomi Hasegawa
小さい頃から手芸好きで、学生時代は洋裁を学び、19世紀末イギリスの服飾史、デザイン史、挿絵の研究も行いました。
書店で偶然タティングレースの書籍と出会い、その後独学でタティングレースを制作をしております。


活動履歴はscheduleをご覧ください。







ページのトップへ戻る